新しいこと

最近、新しいことをぼちぼち始めた。

1つは、簿記3級の勉強。

一応、普通の参考書も買ったけれど、合わせてNintendo DSのゲームで勉強してます。ゲーム、あんまり期待していなかったけれど、これがなかなかよろしい。ちょっとした空き時間に、どこでもできるし。

まだ届いていないけれど、ユーザ登録すると、過去問題集をもらえるらしい。


本気で学ぶ LECで合格る DS日商簿記3級

本気で学ぶ LECで合格る DS日商簿記3級

実際の試験は筆記だから、紙・鉛筆・電卓のセットでの演習もしないといけないとは思いつつ。


もう1つは、ホームヘルパー2級。家事全般苦手な私にとっては、結構、申し込みに勇気が必要だった。試験はないけれども、実技講習と、実際の業務実習がある。

祖母を自宅で介護していたのを間近で見ていた時は、主体的に動いていたのは両親だったのであまり深く考えてはいなかったけれど、いずれ自分も直面することであるはず。

資格を取ったからといって、どうなるわけでもないけれど、介護される側・する側双方が楽な方法を少しでも勉強しておけば、何かの役には立つかもしれない。

介護の仕事を志す人だけでなく、最近はサービス業の人が取得するケースも増えているそうだ。私もヘルプデスクという業務なので、ある種サービス業だ。

自分の人生の目的が何なのか、毎日悩んでいる中、数打ちゃ当たる式に手を出し始めた気がしないでもないけれど、何もしないよりかはマシだろう。

α900

会社帰りに、ソニービルに寄ってみた。SONYα900が展示してあった。

どういうわけか、すごく欲しくなった。

ペンタ部がとんがっていて、かっこいいような気がする。

ファインダーも見やすい。

私は手が小さいほうだけれど、持ちやすい。重さも割と軽い。(NikonD700より100gほど軽いみたい。)

レンズがとても高いし、本体も結構なお値段。(最上位機種だからあたりまえ)

D3が出ようとも、D700が出ようとも、デジタル一眼レフにはどうしても手を出さなかったけれど、ここまでグラグラ来たのは初めてだ。

今日は熱が高いせいもあるような気がするので、落ち着いて考えよう。

ビックカメラでは、もう予約を受け付けていた。

マグライトがもらえるらしい。(なんでマグライトなんだろう...)

マネジメントI 務め、責任、実践

今回持ってった本。なんでか、最近ビジネス書に、はまってる。仕事の為に読み始めたはずが、人生にも応用できることがたくさん書いてあるような気がする。

企業の目的とはなにか、を読みながら、自分の人生の目的とはなにか、を考えている。変だなぁ、私。


マネジメントI 務め、責任、実践 (NIKKEI BP CLASSICS) (NIKKEI BP CLASSICS)

マネジメントI 務め、責任、実践 (NIKKEI BP CLASSICS) (NIKKEI BP CLASSICS)

特選!全国JR鉄道の旅 うんちくガイド

今回の旅の参考にした本。500円でお手ごろ。行ってみたいなぁ、という場所が他にも見つかった。


特選!全国JR鉄道の旅 うんちくガイド

特選!全国JR鉄道の旅 うんちくガイド

 プチ鉄子

青春18きっぷを買ったはいいが、使い切れていなくて慌てて出かけた。

特に出かけたい当てもなく、本屋で鉄道本を買ってきて、ぱらぱらとめくって見つけた「久留里線」に乗ってみることにした。

ディーゼルエンジンで動く電車、だそうだ。電車じゃないのか???

パンタグラフの無い電車を前にして、妙に感激。座席から伝わる振動は、バスに乗っているときと同じようだし。

本当に単純に、終点の上総亀山駅まで行って、ダム湖を少し散歩して、また帰ってきた。

行くまで気付かなかったが、中学生のころ愛読していた、椎名誠の「岳物語」に出てくる亀山湖って、ここのダム湖のことだったのね。

1時間に1本しかない時刻表にも驚いた。

往復で5時間ぐらい電車に乗った。読書がとてもはかどった。考え事もよくできた。

たまにはこんな無目的な旅も悪くない。

 日常からの脱出

脱出ってほど、大げさなことではないけれど...。

毎日ほぼ決まった人としか話さず、決まった仕事をこなす。まぁ、それはそれで幸せなことではある。でも、なんだろうなぁ、自分が自分で無いような気持ちに襲われてどうしようもないんだよなぁ。

いつもと違う電車に乗ってみたり、お昼にぞろぞろ食べに行くのを止めてみたり、あまり行かない飲み会に出かけてみたり。

まぁ、そういうわけで、昨日は飲み会でした。というか送別会。

私と1歳違いの女の子で、カナダに留学するのだとか。盛んに、おじさん連中から「いいなぁ、若いって」と言われてましたとさ。

新卒から約6年間、同じ会社で勤め、年の割りにすごくしっかりした子で、私も頼りにしていました。みんなからの人望も厚く、出発まで送別会尽くしらしい。いいことだ。

ほんとは一次会で帰るつもりだったけど、なんとなく二次会へ。

会社のOBが何人か顔を出していて、初対面の人ばかり。こんにちわ、はじめまして、で名刺交換。

人見知りなので、初対面の人と話すのは本当は苦手なのだけれど、初対面の人ばかりでかえってよかったみたい。会社の連中ばかりだと、仕事の愚痴だらけになってしまうしねぇ。朝から晩まで、仕事の愚痴言っててもしょうがないしね。

楽しい夜だった。カナダでがんばれ。私はもうちょっと、もがいてみるよ、この場所で。

 生活手段

私は今、社内のIT部門で仕事をしている。社内の人は、パソコンに疎い人たちがほとんど。トラブルがあったりすると、よく呼ばれて解決しに行く。

先日、問題解決後にしばらく話していて、なぜだかスヌーピーの話になった。「私もスヌーピー好きですよー」と言ったら、「えー、意外! パソコン以外興味ないかと思ってた」。

確かに、雑な扱いをしてパソコンを壊した人に対して「愛情が足りないからだ!」と言ったことはある。かといって、私がパソコンを愛しているかというと、そんなことはない。道具を粗末に扱う人間が許せないだけだ。

目が悪いので、パソコンの画面をずっと見続けるのは苦痛だし、パソコンなんて使わないで仕事ができるならそのほうがいい。

でも。今私が人並みの給料をもらえるのは、パソコンがそこそこ使えるからだ。逆を言うと、パソコンを取り上げられると、できる仕事はほとんどない。だから焦って、あれやこれやと勉強しているわけである。

パソコンを使うことくらいしか能が無いということを自分がよくわかっているだけに、「パソコンしか興味が無い」と思われたことはショックだった。自分には何があるだろう、と悩んでいることを言い当てられたようなものだから。